ホーム > > お知らせ >

MaaSの社会実装に向けた取組み

当社では、新規事業部としてMaaS・AD/ADAS事業部を立ち上げました。現在カーシェアリングやレンタサイクルや自動運転バスなど新たな交通網が普及しつつあります。また、今後の街作りにおいてシェアリング間の連携「たとえば自動運転バスで移動した後にレンタサイクル、カーシェアリングを利用する(マルチモーダルモビリティ)」が増えてくると予想しております。そこで、当社では、事前にマルチモーダルモビリティ最適化、人流、バッテリー交換ステーションの配置などを行える交通工学に基づいたシミュレーションできる環境整備を推進していきます。

詳細はこちら